岡山市の車買い取りしてもらった決め手は、価格です。

約8年乗り続けたトヨタのセダンを、そろそろ買い換えようと思い、色々なメーカーのショップを回ることにしました。ここ数年は各メーカーが、エコカーや安全装備に力を入れた車をこぞって発売しているので、メーカーを絞らず、訪問してみることにしました。岡山市に住んでいますが、その地域には色々な車のメーカーが出店しているので、週末のたびに回りました。

それを続けている間に気づいたのですが、メーカーに関わらず、スタッフの対応がとても気持ちよかったのです。ショップに入ると、直ぐにスタッフが近づいてくるものの、感じの良い人ばかりで、押し売りの感じは全くありません。自分達のペースで車を確認したり、車内に座ったりしても、強引に説明を淡々としてくるスタッフはいなくて、こちらの疑問点などを質問したときに、プラスアルファの情報もくれるというような対応です。

また、試乗も積極的に勧めてくれるのですが、仮に試乗をして見積もりを出してもらって、直ぐにショップを去ろうとしても、強引に引き止めようとはしません。とても気持ちよく車を見ることができました。

結局、現在乗っているトヨタのセダンを、エスティマに買い替えました。ミニバンが運転しやすいと感じたのが、選んだ理由でした。他のメーカーにも気に入ったミニバンがあったのですが、現在乗っているセダンの買い取り価格がトヨタではダントツで高値だったのも、再度トヨタ車を選んだ大きな理由です。

岡山市での車買い取りはこちら。

レアな中古車を入手するにはオークション代行がおすすめ

車を購入される時は大概の方はディーラーさんに行くと思います。ディーラーさんと言えば取扱いはほとんとど新車ですが、営業さんにお願いすると中古車も探してもらえます。しかし中古車と言ってもディーラーさんを通せば高くなりますし、何も知らずに買うと事故車を買ってしまったり、見てくればかりの修復有りな車をつかまされる事もあります。

そんな時におすすめなのが、中古車オークション代行業者を利用して、中古車オークションで目的の車を落札すると言う方法です。実は中古車は個人売買等のわずかな例外を除けば、店頭に並ぶものはすべてオークションにかけられたものなのです。基本的に中古車オークションの会場には、車業界の人しか入れないので、私たちが目的の車を入手するには、代行業者を使用する必要がありますが、上手くいけば相場よりかなり安く状態の良い整備済みの車を入手できる事でしょう。実際私も30年以上前に製造されたスポーツカーを相場の半額近い値段で入手する事が出来ました。

この中古車オークションで大切な事は、出品される車だけでなく、傷の位置や修復歴、整備歴等を示した展開図やオークション会場のPR文章等をよく見極める必要があります。実際出品される車はインターネットのオークションと同じく現物は見れませんので、信頼できる会場かどうかも事前に下調べしておきましょう。また修復歴はプロの方でも目利きが難しいので、入札参加前にはオークション代行業者の方とも綿密に打ち合わせをする事をおすすめします。

中古車はトヨタが良い理由

中古車の魅力は、何と言っても安い価格で販売されていることでしょう。そして、価格に差があることも魅力だと言えます。周知のとおり、新車の価格はグレードによって違いはありますが、基本的に1つです。しかし、中古車の場合は様々です。もちろん、価格の差は車の状態によって決まるのですが、その状態さえ納得していれば、少ない費用で車を購入できるというわけです。

さて、中古車は国内外の様々な自動車メーカーのものがありますが、おすすめなのは国産車です。中古車は新車に比べると、故障する可能性があります。ただ、国産車の場合は、故障する可能性は海外メーカーの車に比べると低いと言えます。そして、故障すれば修理に出さなければならないのですが、修理する環境が国産車の場合、充実しているのです。実際、私は海外メーカーの車を購入したのですが、何度も故障し、修理に時間も費用もかかってしまい、結局、ろくに運転することなく手放した経験があります。

そして国内の自動車メーカーも色々とありますが、おすすめのメーカーはトヨタです。なぜ、おすすめなのかというと、車を購入しても数年経てば買い換えることになると思いますが、トヨタの車はリセールバリューが高いので、高く買取ってもらえるのです。実際、私はトヨタの中古車を140万円で購入し、約3年、約4万km乗ったのですが、120万円で買取ってもらえました。もちろん、車種によって違いがあり、ここまで購入時と売却時の価格の差が少ないことは稀だと言えますが、それでもトヨタの車のリセールバリューは全般的に高いので、お得だと言えます。

大切な愛車を手放した日

社会人になって初めて購入した愛車を手放す事になり、買取専門店を利用しました。車を売る事も買取専門店を利用する事も初めてだったので、経験者に聞きながら作業を行いました。

その結果、最初提示された金額よりも高く売れたので、交渉して良かったと思いました。私が最初に利用したのは車を購入したディーラーでした。スタッフも顔見知りなので話しやすく、手続きしやすいと感じたからです。けれども中古車情報をチェックするとディーラーは安く買い取られる事を知り、損をしてしまうと思ったので、ネットの買取サイトを利用しました。利用したのは、一括見積もり請求ができる中古車買取専門サイトです。車種と走行距離、修理歴の有無や地域を記入するだけで、簡単に申し込みできました。全部で6社に依頼した結果、詳しい買取金額やサービス内容が分かったため、信頼できると感じました。

また6社を比較するうちに愛車の相場も分かり、この金額を目安に取引を進めれば良いというのも分かりました。何度か相談するうちに納得できる査定が出たため、その業者と正式な契約を結びました。全くの素人にも関わらず無事取引ができたのは、必要書類の準備や自分がやるべき事について指示をくれたからです。分かりやすく簡潔な説明があったため、メールや電話のやり取りだけでも不安は無かったです。この作業を通して中古車の相場を知る事、信頼できる業者に出会う事が大切であると体感しました。

車間距離が大幅に空いている

住んでいる地域性もあるのだろうが、私の地区では信号待ちの車の車間距離が大幅に空いているケースが多い。

詰めれば車一台分はあるのではないだろうか?というケースが多々見受けれらる。

つい先日は困ったケースに遭遇した、前方が信号機待で混み合っている状態で線路を挟んでいた。

前方がある程度確認出来たので私の運転する車までなら踏切を渡りきれると踏んで進んで行ったが、2台ほど前の車の停止位置が悪く私の運転する車は踏切内で止まる事になってしまった。

電車が来る気配はなかったが、約1分程踏切内で停車する羽目になり結構気持ち的には焦っていた。

車間距離をとることも大事だが空けすぎているのもどうかと思う。

それに結構見ることが多いのだが、軽く衝突する追突事故を見ることも多々ある。

多分、車間距離を大きく取るケースが追突事故の多さに繋がっているのではないかと思う。

車間距離をそこまでとらない人と、すごく空ける人同士の事故ではないかと思われるケースが多い。

そう思うのも事故して止まっている割には損傷がすごく少ないからである。

安全に考慮して車間距離をとっているのであろうが、結果的に安全ではないという結果にも繋がっている様な気もする。

個人的な意見ですが何事も普通が一番良いのではないでしょうか?