大切な愛車を手放した日

社会人になって初めて購入した愛車を手放す事になり、買取専門店を利用しました。車を売る事も買取専門店を利用する事も初めてだったので、経験者に聞きながら作業を行いました。

その結果、最初提示された金額よりも高く売れたので、交渉して良かったと思いました。私が最初に利用したのは車を購入したディーラーでした。スタッフも顔見知りなので話しやすく、手続きしやすいと感じたからです。けれども中古車情報をチェックするとディーラーは安く買い取られる事を知り、損をしてしまうと思ったので、ネットの買取サイトを利用しました。利用したのは、一括見積もり請求ができる中古車買取専門サイトです。車種と走行距離、修理歴の有無や地域を記入するだけで、簡単に申し込みできました。全部で6社に依頼した結果、詳しい買取金額やサービス内容が分かったため、信頼できると感じました。

また6社を比較するうちに愛車の相場も分かり、この金額を目安に取引を進めれば良いというのも分かりました。何度か相談するうちに納得できる査定が出たため、その業者と正式な契約を結びました。全くの素人にも関わらず無事取引ができたのは、必要書類の準備や自分がやるべき事について指示をくれたからです。分かりやすく簡潔な説明があったため、メールや電話のやり取りだけでも不安は無かったです。この作業を通して中古車の相場を知る事、信頼できる業者に出会う事が大切であると体感しました。

車間距離が大幅に空いている

住んでいる地域性もあるのだろうが、私の地区では信号待ちの車の車間距離が大幅に空いているケースが多い。

詰めれば車一台分はあるのではないだろうか?というケースが多々見受けれらる。

つい先日は困ったケースに遭遇した、前方が信号機待で混み合っている状態で線路を挟んでいた。

前方がある程度確認出来たので私の運転する車までなら踏切を渡りきれると踏んで進んで行ったが、2台ほど前の車の停止位置が悪く私の運転する車は踏切内で止まる事になってしまった。

電車が来る気配はなかったが、約1分程踏切内で停車する羽目になり結構気持ち的には焦っていた。

車間距離をとることも大事だが空けすぎているのもどうかと思う。

それに結構見ることが多いのだが、軽く衝突する追突事故を見ることも多々ある。

多分、車間距離を大きく取るケースが追突事故の多さに繋がっているのではないかと思う。

車間距離をそこまでとらない人と、すごく空ける人同士の事故ではないかと思われるケースが多い。

そう思うのも事故して止まっている割には損傷がすごく少ないからである。

安全に考慮して車間距離をとっているのであろうが、結果的に安全ではないという結果にも繋がっている様な気もする。

個人的な意見ですが何事も普通が一番良いのではないでしょうか?